脱・ウメボシマン

o0290029513134101689

「たとえば、教室にゴミが落ちていて『そこ、ゴミ落ちてるよ』と言うと、こんなふうに答える子、いるよね。

『私じゃないよ』って」

 

 
皆様、お早うございます(^-^)/
 
今日は【ある教室】から聞こえてきたこの声を深めます…。
 
お家でもよくありますよね?
 
我が家もお姉ちゃんがよく言いますσ^_^;
 
「○○○(弟)が片付けてないんだよ!お姉ちゃんじゃないもん」
確かにそうだσ^_^;
 
 
この先皆さんはどうしてますか?
 
 
「お姉ちゃんが一緒にしてあげて~( ´ ▽ ` )ノ」
 
という声が、我が家では定番です(笑)
 
 
【ある教室】では…

「確かにそうかもしれない。
でもこの答えは『正しい』のかな?自分がしたことじゃない、だけど教室は汚いまま。
気づいても自分のせいじゃないからって、『自分のこと』にしかエネルギーを注げないんじゃ、心はこのウメボシのように小さいんだよ。
エネルギーは全部『自分のため』だけ」
 
 
ふむふむ。
そうですよね。そんな子には育って欲しくないなー

 

 

 

 

 

 

「そういう人を『ウメボシマン』と名付けます」(笑)

 

「学級もウメボシマンが多いと、すごく嫌な集団になるよな」

 

 

?!!

 

 

 

 

ウ、ウメボシマン?!
o0290029513134101689
※イメージ図です(笑)
 
うまいですね~( ´ ▽ ` )ノ
さらにこう続きます。
 
 
「成長っていうのは、自分のことだけじゃなくて、だんだん周りにもエネルギーを注げるようになること。」

 

 

 

 

 

「成長すると、このウメボシが、イチゴ、リンゴ、スイカって大きくなっていくんだ。

 

 

 

 

イチゴならすぐ横の子や親友まで。
リンゴならグループから学級全体、
スイカなら学校全体って感じかな。
こんなふうにエネルギーを注げる範囲が広がっていくことが成長なんだ。」

 

 

 

 

 

子供たちにとってわかりやすく、そして面白い定義付けをしていきます。

 

 

 

 

おそらく皆に100%伝わるわけではないでしょう。
しかし、子供たちの頭の中に、
『ウメボシマン??イチゴにリンゴにスイカ?!』という風に思考が広がっていく様子が容易に想像できます。
 
ワクワク感を与える話し方です♪
 
そして最後の締めくくりはこうです。
 
 

「伝記に出てくる偉人なんかは、もっと大きくって、世界とか人類とかまでこの矢印が伸びた人なんだ。」

 

 

 

 

 

「みんな最初はウメボシマンだけど、次第に大きくなっていったんだ。

みんなもウメボシマンから変身していこう。」

 

 
どーん!
 
あの坂本龍馬も福沢諭吉も、ウメボシマンだったんだ!!

 

そして、
 
「世界や人類のことまで、矢印を伸ばす」という基準をさりげなく設ける…
 
それはウメボシマン→イチゴから始まるんだ!
やってみよう!

 

こうやってこの子達は、隣の子や親友たちに声をかけていったのです。

 

「○○くん、ウ~メボシマン♪」

 

 
子供たちは【自分一人でやりきる】ことに慣れていません。

 

まだ成長段階の彼ら。

 

そんな彼らにわかりやすく、親しみやすい『言葉』で共通認識を持たせ、指摘し合える環境をつくる。
 
指摘し合える環境・仲間。
この環境で育つ子は、自尊心が高まっていくでしょう…。
 
 
この話、10分程度だと思います。
さりげなく指摘し合える。子供たちの自主性を嫌な気持ちにさせずに引き出す。
言葉ベタな私も、まだまだユーモアが足りませんね…。
o0300030013134101675
 
この情報、妻からメールで教えてもらいました♪
 
まずは親で共有する☆
 
我が家ではよくあることです。
 
 
家族で、脱・ウメボシマン( ´ ▽ ` )ノ
やっていきます。
 
子供たちを想い、互いの情報交換を怠らないパートナーシップ☆
素敵ママプロデューサーお月様砂川真輝
 
☽~☾~☽~☾
より有益な情報をお届けするため、メルマガをご用意しました。
 
毎週木曜日・週1回の発行です。健康イベント各種や講座・セッション情報は号外でお届け致します。
 
無料メルマガになるので、是非登録していただいて、確かな情報を得てください
 
私からのママさんたちへのラブレター恋の矢です。いりませんか?(笑)

 

 

 

 

 

 

メルマガ登録・解除
真っ先に伝えたい!!妻と子へのラブレター☆
powered by 携帯メルマガ メルモ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


− 3 = 二

ページ上部へ戻る