大和の心

o0480036013114416848

皆様、お早うございます^^

寒い日が続きますね…。体調など崩されていないでしょうか?

8年前、故郷の沖縄を飛び出してやってきたこの九州の地…

寒さはカルチャーショックでしたが(まるで冷蔵庫)、

いまはこの寒さを楽しめる自分がいます。

 

それはこの寒さでより一層美味しくなる食への感謝であったり、

そんな恵みを生んでくれる大地への感謝だったり、

この地で暮らしてきた方々への敬意の念であったりします。

 

自分自身の中にあるこの感覚は何なんだろう?

週末妻が参加した勉強会の話を聴く車中で、

『日本人の心の原点である』ことに気づきました。

o0480036013114416848

 

妻が参加した勉強会は

お箸にまつわる和とせとら

私たちが普段使うお箸について深める内容だったようです。

 

勉強会の帰りの車中2時間で、妻の学びを共有する。

こういった時間を私たち夫婦は大事にします(幸い子供たちは寝てくれていました^^)

 

学びを48時間以内に伝えると学びが深まるといいますが、

私も早速愛読書の致知から紐解きます…。

o0480064013132652526『日本人の心の原点にあるのは、生かされていることへの感謝の心や神に対する畏れ』

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

吉田悦之(本居宣長記念館館長)

※月刊誌『致知』2014年11月号 P27
 

そう語る本居宣長記念館館長の吉田さん

 

それは本居宣長の生き方にあり、

彼が書いた「恩頼図(みたまのふゆのず)」

 

恩頼は「お蔭」という言葉で表すことができ、

本居宣長は『学恩を受けた人』と『その学問に連なる人たちの名』を「恩頼図(みたまのふゆのず)」に記したそうです。

 

私もやらなきゃ…

o0480052013132652529

 

お箸にまつわる和とせとら

 

お箸の作法という動きを通して、

日本列島の風土と、そこで培われた日本人の魂というものが

受け継がれてきたわけを知った気がしました。

 

明日は妻の学びを具体的に紹介致します♪お楽しみに☆

 

互いの凸凹を補う最愛のパートナーとなる

素敵ママプロデューサー☽砂川真輝

 

 

メルマガ登録・解除
真っ先に伝えたい!!妻と子へのラブレター☆
powered by 携帯メルマガ メルモ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


8 × = 八

ページ上部へ戻る